Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

google-java-formatを使用してファイル保存時にフォーマッターを効かせます。

https://github.com/google/google-java-format/releases

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

上記のサイトより、google-java-format-eclipse-plugin_1.6.0.jarをダウンロードします。

ダウンロードしたjarをdropinsフォルダに配置してSTSをクリーンモードで再起動します。

ウィンドウの設定で、フォーマッターをgoogle-java-formatを選択します。

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

これで適用完了です。

ファイル保存時にフォーマッター適用させる

保存時にフォーマッターを適用させるように設定するには、「Java」-「エディター」-「保存アクション」でソース・コードのフォーマットにチェックを入れてください。

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

追加アクション

末尾の空白を削除してくれたりfinalを付けてくれたりと便利なので、追加アクションを設定します。「追加アクション」にチェックを入れて「構成」をクリックします。

以下は私の設定です。

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

Eclipse(STS)のコードフォーマッターを使う

特定の個所のみフォーマッタを無効にする

追加アクションを以下のように変更します。

これでフォーマッタを無効にしたい行の先頭行に//@formatter:off~、末尾に//@formatter:onと書くとその間の行はフォーマッタが無効になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA