ECMA Script6(JavaScript)の配列のmapメソッドの使い方

求人

ECMA Script6(JavaScript)の配列のmapメソッドの使い方についです。

mapメソッドは配列の要素を編集して返却するメソッドです。元の配列を破壊することはありあせん。

記述方法は以下のように記述します。

結果は以下のようになります。

元の配列と同じ要素数返却されます。filterメソッドと併用することが多いかと思います。

配列のmapメソッドでオブジェクト配列を返す方法

配列からmapメソッドでオブジェクトを返す方法です。

結果は以下のようになります。

これも配列の要素がオブジェクトに変わっただけで、要素数が変わることはありません。

mapメソッドからfilterメソッドを使って不要な要素を絞る

filterメソッドは関数の条件がtrueの条件のみ絞って抽出してくれます。

mapしてfilterするというのはよくあるロジックです。

ECMA Script6(JavaScript)の配列のmapメソッドの使い方

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA