ECMA Script6(JavaScript)のfor-inとfor-ofとforEachの違い

ECMA Script6(JavaScript)のfor-inとfor-ofとforEachの違いについてです。

for-inで取得するのはプロパティ名になります。

以下、実行例です。

結果は以下のようになります。

for-ofの使い方

for-ofはイテレータブルな値の中身を見る場合に使います。例えば配列などです。

結果は以下のようになります。

Mapなどもイテレータブルなのでfor-ofが使えます。

結果は以下のようになります。

forEachの使い方

配列のメソッドとしてforEachがあります。Eは大文字なので注意です。

また、forEachは同期関数です。(node.jsなどでは意識しておく必要がある)

結果は以下のようになります。

ECMA Script6(JavaScript)のfor-inとfor-ofとforEachの違い

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA