ECMA Script6(JavaScript)のvarとletとconstの違い

求人

関数スコープとブロックスコープECMA Script6(JavaScript)のvarとletとconstの違いについてです。

varは変数を定義するときに使用します。関数スコープとなります。

constは定数を定義するときに使用します。ブロックスコープとなります。

letは今までvarで記述していた箇所をletに置き換えることができます。ブロックスコープとなります。

今後はvarは使用する機会はないと思われます。

letとconstの違い

letは再代入可能なのに対し、constは定数なので再代入が不可という違いがあります。

関数スコープとブロックスコープ

関数スコープとブロックスコープについてです。

関数スコープとは、関数内ならどこからでも参照できることを意味します。以下、例です。

結果は以下のようになります。

ブロックスコープは、ブロック内でのみ参照できます。

結果は以下のようになります。

constの注意点

constは再代入が不可能であるが、値の変更は不可能ではないと言う点に注意です。

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA