Electron + node.jsで作成したアプリで通知する(Windows)

Electron + node.jsで作成したアプリで通知する(Windows)

メインプロセスとレンダラープロセスで通知を行う事が出来ます。

レンダラープロセスで通知するにはHTML5の通知を利用したNotification APIで実装することが出来ます。

レンダラープロセスで通知

レンダラープロセスで通知します。

通知ボタンをクリックすると右下に通知が表示されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Hello World!</title>
<script type="text/javascript">
function notify() {
new Notification("通知");
}
</script>
</head>
<body>
<button onclick="notify()">通知</button>
</body>
</html>

view raw
index.html
hosted with ❤ by GitHub

右下に表示される通知です。

Electron + node.jsで作成したアプリで通知する(Windows)

メインプロセスで通知

メインプロセスで通知するには、index.jsを以下のようにします。

これでウィンドウが表示されてその次に通知が表示されます。

npm startで起動します。

Electron + node.jsで作成したアプリで通知する(Windows)

https://github.com/takahashi-h5/electron02

次回はDrag&Dropを実装してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA