Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

前提

npxがインストールされているものとします。

Electronでアプリを作成したら、最後にパッケージングをします。これでEXEファイルを作成して実際にWindowsアプリとして起動できるようにします。

electron-builder

electron-builderをインストールします。インストールしたらWindows用にビルドします。

distフォルダが作成され、distフォルダ配下にexeが作成されます。これでElectronを使用してWindowsアプリを作成することが出来ます。

Electron

nsis

package.jsonにbuildを記述してnsisインストーラの形式をカスタマイズできます。

oneClick:デフォルトtrueでexeをクリックするとワンクリックでインストールが完了します。

falseにするとassisted installerが起動してカスタマイズが出来ます。

allowToChangeInstallationDirectory:デフォルトfalseで、trueにするとインストール先を変更できるようになります。
runAfterFinish:デフォルトtrueです。以下のチェックボックスが表示されます。

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

falseにするとチェックボックスが消えます。

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

displayLanguageSelector:デフォルトfalseです。trueにすると言語選択のダイアログが表示されますが非推奨のようです。

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

installerLanguages:文字列または文字列の配列を指定します。

“en_US”

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

“de_DE”

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

[“en_US”,”de_DE”]

配列指定する場合は、displayLanguageSelector:truemultiLanguageInstaller:trueしておく必要があります。

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

multiLanguageInstaller:trueにすると多言語インストーラになります。但し、displayLanguageSelector:trueinstallerLanguagesで配列で言語指定しておく必要があります。

Electron + node.jsで作成したプロジェクトをパッケージングしてEXEファイルを作成する(Windows)

このプロパティを指定しなければ日本語になりました。

createDesktopShortcut:デフォルトtrueです。デスクトップにショートカットアイコンが作成されますが、falseにするとショートカットアイコンが作成されなくなります。

createStartMenuShortcut:デフォルトtrueです。falseにするとWindowsのスタートメニューに表示されなくなります。

shortcutName:文字列を指定すると、デスクトップのショートカットやスタートメニューの表示名を変更することが出来ます。

https://www.electron.build/configuration/nsis

次回はアプリの永続化について実装してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA