gitコマンドチートシート

gitコマンドチートシート

gitコマンドを纏めておきました。

SVNでいう更新

gitから最新を取得します。

詳細は「リモートブランチをローカルにチェックアウトする方法 」を参照ください。

SVNでいうコミット

修正したファイルをリモートリポジトリ(main)に反映します。

ブランチで作業せずにmainで作業している場合は、git push origin mainとします。

詳細は「git add してgit commit してgit push する」を参照ください。

gitのcheckoutでブランチ切り替え

ブランチを切り替えるには

で切り替えます。mainを指定すればmainブランチに切り替わります。

gitのremoteでリモートリポジトリ参照

git remoteまたはgit remote -vでリモートリポジトリを表示できます。

gitのremoteでリモートリポジトリ追加

git remote add originでリモートリポジトリを追加します。(originでなくても良い)

これでgit remote -vすればリモートリポジトリ参照することが出来ます。

※githubで予めリモートリポジトリを作成しておきます

gitコマンドチートシート

gitのremoteでリモートリポジトリ削除

リモートリポジトリを削除するにはgit remote rm originでリモートリポジトリを削除します。

gitのbranchでローカルブランチを作成する方法

ブランチを作成するには

でブランチを作成することができます。

ブランチ一覧を表示するには

でリモートとローカルのブランチ一覧を表示することができます。

ブランチを作成してそのブランチに切り替えるには

で切り替えることができます。

gitのbranchでローカルブランチを削除する方法

gitでローカルブランチを削除するには

とタイプします。

gitのpushでローカルブランチをリモートへ送信する

git の作業ブランチから新たに作業ブランチを作成する

作業ブランチで作業しているときに、さらにブランチを作成したい時があります。

で作業していて、aaaからさらにブランチを作成したい場合は

とすることで新しい作業ブランチを作成することができます。

上記を1コマンドで実行するには

と実行します。

git stash の使い方

git stash の使い方」を参照ください。

git init

git initでgitのローカルリポジトリを作成します。カレントディレクトリに.gitフォルダが作成されます。

git init ディレクトリで指定したディレクトリをローカルリポジトリにすることが出来ます。

git initの取り消し

git initを取り消したい場合は.gitを削除します。

Windows

Linux

master→main

今までデフォルトブランチ名はmasterでしたが、2020/10/01からmasterからmainに名称が変わりました。

https://github.blog/changelog/2020-10-01-the-default-branch-for-newly-created-repositories-is-now-main/

既にmasterとなっている場合は以下コマンドで変更可能です。

git branch でブランチを作成する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA