gitコマンドチートシート

gitコマンドチートシート

gitコマンドを纏めておきました。

SVNでいう更新

gitから最新を取得します。

$ git fetch -a
$ git branch -a
$ git pull

詳細は「リモートブランチをローカルにチェックアウトする方法 」を参照ください。

または「変更の取り消し」で最新を取得します。

$ git checkout .
gitコマンドチートシート

tortoise git

SVNでいうコミット

修正したファイルをリモートリポジトリ(main)に反映します。

git add ファイル名1 ファイル名2
git commit -m "コミットコメント"
git push origin ブランチ名

ブランチで作業せずにmainで作業している場合は、git push origin mainとします。

詳細は「git add してgit commit してgit push する」を参照ください。

gitのcheckoutでブランチ切り替え

ブランチを切り替えるには

git checkout ブランチ名

で切り替えます。mainを指定すればmainブランチに切り替わります。

git checkout main

gitのremoteでリモートリポジトリ参照

git remoteまたはgit remote -vでリモートリポジトリを表示できます。

C:\>git remote -v
origin https://github.com/takahashi-h5/xxx.git (fetch)
origin https://github.com/takahashi-h5/xxx.git (push)

gitのremoteでリモートリポジトリ追加

git remote add originでリモートリポジトリを追加します。(originでなくても良い)

git remote add origin https://github.com/takahashi-h5/xxx.git

これでgit remote -vすればリモートリポジトリ参照することが出来ます。

※githubで予めリモートリポジトリを作成しておきます

gitコマンドチートシート

gitのremoteでリモートリポジトリ削除

リモートリポジトリを削除するにはgit remote rm originでリモートリポジトリを削除します。

git remote rm origin

gitのbranchでローカルブランチを作成する方法

ブランチを作成するには

git branch ブランチ名

でブランチを作成することができます。

ブランチ一覧を表示するには

git branch -a

でリモートとローカルのブランチ一覧を表示することができます。

ブランチを作成してそのブランチに切り替えるには

git checkout -b ブランチ名

で切り替えることができます。

gitのbranchでローカルブランチを削除する方法

gitでローカルブランチを削除するには

git branch -D ローカルブランチ名

とタイプします。

gitのpushでローカルブランチをリモートへ送信する

 

git の作業ブランチから新たに作業ブランチを作成する

作業ブランチで作業しているときに、さらにブランチを作成したい時があります。

git branch aaa

で作業していて、aaaからさらにブランチを作成したい場合は

git branch 新しいブランチ名

git checkout 新しいブランチ名

とすることで新しい作業ブランチを作成することができます。

上記を1コマンドで実行するには

git checkout -b 新しいブランチ名

と実行します。

git stash の使い方

git stash の使い方」を参照ください。

git init

git initでgitのローカルリポジトリを作成します。カレントディレクトリに.gitフォルダが作成されます。

git init ディレクトリで指定したディレクトリをローカルリポジトリにすることが出来ます。

git initの取り消し

git initを取り消したい場合は.gitを削除します。

Windows

rmdir /s .git

Linux

rm -rf .git

直前のcommit取り消し

ローカルリポジトリの直前のcommitを取り消します。

git reset --soft HEAD~

git pushした後にこのコマンドを実行してはいけません。

master→main

今までデフォルトブランチ名はmasterでしたが、2020/10/01からmasterからmainに名称が変わりました。

The default branch for newly-created repositories is now main | GitHub Changelog
The default branch for newly-created repositories is now main

既にmasterとなっている場合は以下コマンドで変更可能です。

git branch -m master main

ファイルの行ごとのコミットID,コミッターを調べる

ファイルの行ごとのコミットID、コミッターを調べるには以下コマンドを使用します。

git blame ファイル名

gitコマンドチートシート

git config -l

使用しているリポジトリ情報を表示します。

$ git config -l
user.name=takahashi
user.email=takahashi@example.com
core.repositoryformatversion=0
core.filemode=false
core.bare=false
core.logallrefupdates=true
core.symlinks=false
core.ignorecase=true
remote.origin.url=https://~~~
remote.origin.fetch=+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
branch.master.remote=origin
branch.master.merge=refs/heads/master

httpsでユーザ名、パスワードを保存する

cloneしたリポジトリ直下で以下コマンドを実行します。

$ git config credential.helper store

このコマンド以降git pushしたときにユーザ名、パスワードを入力すると、それ以降はキャッシュされます。

git branch でブランチを作成する方法

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました