git add してgit commit してgit push する

git add してgit commit してgit push する

ローカルリポジトリとリモートリポジトリが存在します。

git add すると、ローカルリポジトリのステージングエリアに設置され、コミット対象になります。

コミット対象にするには以下のようにコマンドを打ちます。

ファイルが複数ある場合は、半角スペースでファイル名を区切ります。

これで、git statusすると、Changes to be committed:にコミット対象が表示されていることが確認できます。

間違えてadd してしまった場合は、以下コマンドで一旦コミット対象をリセットすることができます。

特定のファイルのみをコミット対象からリセットしたい場合はファイル名を指定します。

git commit

git add したファイルを、git commitすることによってローカルリポジトリのブランチにコミットします。

ここでgit statusすると、nothing to commit,working tree cleanと表示されればローカルブランチに全てのファイルがコミットされています。

git push

git push で、コミットしたファイルをリモートリポジトリに反映することができます。

ローカルリポジトリのブランチをリモートに反映するイメージです。

カレントブランチを確認する

カレントブランチを確認するにはgit statusコマンドで確認できます。

git fetch とgit pull コマンドの違い

git add してgit commit してgit push する

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA