git stash の使い方

求人
git stash の使い方

git stashコマンドは現在の変更をいったん退避することができるコマンドです。

退避できるファイルはcommitしていないファイルが対象です。

saveは省略可能ですがこのコマンドで退避することができます。

とするとメッセージ付きで退避することも可能です。

退避したことを確認するには

とタイプします。

というように表示されます。このstash@{0}というのがstash名となり、この名前で退避したファイルを戻すことができます。

退避したファイルを戻すには

とタイプします。これで退避したファイルが復帰されていることが確認できます。

stash@{0},stash@{1},stash@{2}とたまっていくので、定期的に削除したほうが良いです。

スタッシュを削除するには

とタイプします。スタッシュ名を省略すると、最新のスタッシュが削除されてしまうので明示的にスタッシュ名は書いた方が良いと思いいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA