Go 言語で構造体にメソッドを追加する

Go 言語で構造体にメソッドを追加する

Go 言語では構造体を宣言して、その構造体に対してメソッドを定義することができます。

まず構造体を定義します。

上記で定義した構造体はfoo型です。foo型の変数を宣言します。

この構造体にメソッドを追加します。

構造体のメソッドは以下のように記述します。引数、戻り値はなければ省略可能です。

構造体のメソッドは実は2種類あります。一つは上記のような値メソッドと呼ばれるメソッドで、もう一つはポインタメソッドと呼ばれるメソッドです。上記のメソッドをポインタメソッドに変更するには、レシーバ型を以下のように記述します。

ポインタメソッドの特徴は、構造体の変数を変更することができることです。

以下は構造体の変数を変更している例です。

Go 言語で構造体にメソッドを追加する

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA