Gowのsedコマンドの使い方

Gowのsedコマンドの使い方

Gowのsedコマンドを使ってみたので、メモです。

オプション 意味
-iオプション ファイルを直接編集する
-i拡張子 ファイルを直接編集しバックアップファイルを生成する

ファイルの各行の末尾に文字列を追加する

a.txtというファイルの各行の末尾に文字列を追加するには、$を使用します。

tsvファイルをcsvファイルに変換する

tsvファイルをcsvファイルに変換するには、\tを,に変換します。

csvファイルをtsvファイルに変換する

csvファイルをtsvファイルに変換するには、,を\tに変換します。

yyyy/MM/ddを別の日付に変換する

yyyy/MM/ddのように/が入っている文字列を置換する場合は\でエスケースする必要があります。

各行の2019/1/1を2019/2/2に置換します。

空行を削除する

空行を削除するには、^$を使用します。

バックアップファイルを作成する場合

-iオプションで直接編集する場合にバックアップファイル作成したい場合は、-iオプションに続けば拡張子を指定します。

例えば、-i_oldなどです。これで、a.txtを編集すると、a.txt_oldというバックアップファイルが作成されるようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA