Gradleのマルチプロジェクト作成方法

Gradleのマルチプロジェクト作成方法

Gradleはマルチプロジェクト対応しているので、一つのルートプロジェクトに対してサブプロジェクトを作成することが出来ます。

ルートプロジェクト…warファイル(RootProjectというプロジェクト名)

サブプロジェクト…jarファイル(SubProjectというプロジェクト名)

ルートプロジェクト

ルートプロジェクトのbuild.gradleです。

plugins {
id 'org.springframework.boot' version '2.2.5.RELEASE'
id 'io.spring.dependency-management' version '1.0.9.RELEASE'
id 'war'
}
repositories {
jcenter()
}
dependencies {
implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-web'
implementation project(':SubProject') // サブプロジェクトに依存している
}

view raw
build.gradle
hosted with ❤ by GitHub

サブプロジェクトに依存しているので、サブプロジェクトを作成します。サブプロジェクトは複数あっても大丈夫ですが、今回は一つとします。

設定ファイルは以下の構成になります。

RootProject # ルートプロジェクト
├─build.gradle
├─settings.gradle
└─SubProject # サブプロジェクト
└─build.gradle

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

ルートプロジェクト直下のsettings.gradleの内容を追記します。

サブプロジェクト

SubProjectのbuild.gradleを作成します。

今回はライブラリにしますので、以下のようなbuild.gradleです。作成するのはルートプロジェクトのwarが依存するjarです。

plugins {
id 'java-library'
}
sourceCompatibility = 11
targetCompatibility = 11
repositories {
jcenter()
}
dependencies {
}

view raw
build.gradle
hosted with ❤ by GitHub

これで、ルートプロジェクトをassembleすると、jar作成され、そのjarを取り込んだwarが作成されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA