intra-martのアプリケーションID

intra-martのアプリケーションIDというIDがあります。

WEB-INF\classes\config配下にdata-config.xx.xmlを配置するとします。

この配置場所からアプリケーションIDが決まります。

config.xxがアプリケーションIDとなります。

また、WEB-INF\classes\notice\config配下にdata-config.xx.xmlを配置すると、アプリケーションIDは、config.notice.xxとなります。

これはdata-config-xx.xmlの配置場所のフォルダとxx部分とをドットで繋げた形がアプリケーションIDとなります。

アプリケーションIDはDataAccessController#getDAOメソッドの第一引数でもあり、非常に重要なIDです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA