intra-martのServiceクラスとservice-config.xml

intra-martのServiceクラスとservice-config.xmlについてです。

Serviceクラスはサービスコントローラを設定するservice-config.xmlに指定する必要があります。

また、ServiceクラスはServiceControllerAdapterクラスをimplementsする必要があります。

また、コンストラクタでsuper();を指定します。

また、serviceメソッドをオーバーライドする必要があります。

SystemExceptionはシステム例外、ApplicationExceptionはアプリケーション例外です。

このサービスクラスをservice-config.xmlに登録します。

intra-mart5.xから、コンテキストパス(Application Runtime)/WEB-INF/classes配下に任意のxmlファイルが配置できるようになったようです。

また、service-config-キーワード.xmlというように複数ファイル配置することが可能です。

以下、service-config.xmlの中身です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA