Javaのライブラリjacksonの使い方

Javaのライブラリjacksonの使い方
Jackson バージョン
Jackson Core 2.10.0
Jackson Databind 2.10.0
Jackson Annotations 2.10.0

JavaでJSONを扱いたいときにjacksonというライブラリがあります。その他にもありますが、jacksonが一番メジャーかと思われます。

Jacksonライブラリのバージョンは上記の通りです。mavenやgradleで依存関係解決できますが、mavenリポジトリから直接ダウンロードすることもできます。

Group: FasterXML Jackson Core

writeValueAsStringメソッドにオブジェクトを渡すと、String型で返却され、それがJSON形式になります。

出力結果は以下の通りです。

出力結果をキレイに整形したい場合は、mapper.enable(SerializationFeature.INDENT_OUTPUT);を設定します。

出力結果は以下の通りです。

ObjectMapper#readValueメソッドの使い方

readValueメソッドでJSON文字列をJSONオブジェクトに変換することができます。

PersonがJSONオブジェクトです。

出力結果は以下の通りです。

ListやMapを使用するときは、readValueの第二引数にTypeReferenceクラスを使用します。

出力結果は以下の通りです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA