Java Bronzeのプリミティブ型纏め

Java Bronzeのプリミティブ型纏め

プリミティブ型を明示的に初期化しなかった場合の初期値がどうなるか出題されます。

これはクラスのフィールド(メンバ変数)のみ初期化されることを覚えておく必要があります。

ローカル変数は初期化されません。但しプリミティブ型の配列はローカル変数であっても初期化されます。

初期値
boolean false
short 0
int 0
float 0.0
double 0.0
long 0
char \u0000
byte 0
オブジェクト null

charとか忘れがちなので覚えておいた方が良いです。charは半角空白です。

以下フィールド変数初期化例です。

プリミティブ型の記憶範囲

多分この手の問題も1問くらい出題されるので覚えておいた方が良いです。

特にbyte,short,int,longくらいが出題される傾向にあるように思います。

範囲
boolean trueまたはfalse
short -32768~32767
int -2147483648~2147483647
float 4バイト単精度浮動小数点数
double 8バイト倍精度浮動小数点数
long -9223372036854775808~9223372036854775807
char \u0000~\uffff(0~65535)
byte -128~127

char型にint型を代入する場合は明示的にキャストする

これは結局は、箱のサイズが違う型なだけであって、そのサイズ内であればchar型でもint型でも同じになります。

ちなみにint型の方がサイズは32bitと大きいので、char型 → int型に変換するにはキャストする必要があります。大きい型から小さい型への変換をナローイング変換と言います。

浮動小数点数のデフォルトはdouble型

浮動小数点の型はdoubleとfloatがありますが、デフォルトはdouble型になるので、floatの時に接頭辞(末尾)にf、またはFを省くとコンパイルエラーとなるので注意です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA