JenkinsでビルドトリガをSubversionにコミットされたタイミングにする

JenkinsでSubversionへコミットされたタイミングでジョブを実行したい場合は、「ビルドトリガ」を以下のように「SCMをポーリング」にチェックを入れます。

とすることで毎分ポーリングに行きます。毎分ポーリングに行くので負荷が高くなります。

とすると、毎時0分にポーリングに行きます。

とすると、15分ごとにポーリングに行きます。

とすると、毎日5時にポーリングに行きます。

とすると、毎週土曜(6)の0時にポーリングに行きます。

SCMはSource Code Managementの略で、ここでいうSubversionのことになります。

「Save」すると、「Subversionのポーリングログ」が表示されます。

ポーリングに行き、コミットされていればビルドが実行されます。

以下、ポーリングログの例です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA