JUnitでDBUnitを使用してテーブル比較する

JUnitでDBUnitを使用してテーブル比較する

JUnitでDBUnitを使用してテーブルの比較をします。

insert.xlsxでデータを投入し、テーブルの期待値をexpect.xlsxとします。

エクセルの1行目はテーブルのカラム名で、2行目から実データです。

上記のように比較する際に除外したいカラム(更新日付など)を指定でき、また、ソートすることによりソートしてデータの比較を正しく行うことができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA