kintoneアプリで編集時にJSを実行する – app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

kintoneアプリで編集時にJSを実行する – app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

kintoneアプリでイベント発生させるにはjsファイルを記述してアップロードしてイベント発生させます。

「app.record.index.edit.change.<フィールドコード>」はインラインでフィールドコードのカラムを変更した時に発生するイベントになります。

インラインでフィールド編集する

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

<フィールドコード>

フィールドコードは、各カラムのコードになります。

フィールドコードは、歯車アイコンをクリックして参照することができます、また、変更することも可能です。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

歯車アイコンを押したら画面が変わりますので、その画面で「担当者名」のフィールドコード名を「name」に変更します。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

これでイベントタイプはapp.record.index.edit.change.nameになりました。

担当者名を変更したタイミングでJSのalertを表示してみます。

a.js

kintone.events.on('app.record.index.edit.change.name', (event) => {
  window.alert(event.record['name'].value) // 担当者名を変更するとalert表示される
  return event
})

a.jsファイルをkintoneアプリにアップロードします。歯車アイコンをクリックして「設定」タブを押します。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

「JavaScript / CSSでカスタマイズ」をクリックします。アップロードしたら左上の「保存」をクリックします。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

右上に出てくる「アプリを更新」をクリックしてアプリに反映されます。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

実行

インライン編集して、アラートが表示されることを確認します。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.<フィールドコード>

意図したとおりにalertが表示されました。

kintone JavaScript API(イベント)一覧

Security check

コメント

タイトルとURLをコピーしました