LabelValueBeanの使い方

求人

LabelValueBeanは、セレクトボックスなどで使えるキーと値を保持するクラスです。

org.apache.struts.utilクラスにありますがあまり知られていないです。

このlistをセレクトボックスにセットするだけです。

JSP側は以下のようにします。

DBから取得した値をセレクトボックスにしたい場合は以下のようなコードになると思います。

MyBatisでコンボボックスにLabelValueBeanを使う方法

ORマッパーのMyBatisでList<LabelValueBean>を作成することができます。

org.apache.ibatis.session.SqlSession#selectListメソッドを使用して、戻り値をList<LabelValueBean>とすることができます。

Java記述例は以下のようなイメージです。

a.xml内のresultTypeにLabelValueBeanを指定します。

MyBatisの記述方法

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA