MyBatisのinclude refidとsqlタグ

MyBatisのinclude refidとsqlタグ

include refid

MyBatisで以下のような記述をする事が出来ます。

ここでは、fromというキーを使用していますが、なんでもいいです。このキーで別の場所に記述したSQLをインクルードしてくれます。

<sql></sql>タグ

別の場所に記述する方法は以下の通り、<sql>を使用します。このタグで再利用可能なSQL文を記述して置き、再利用します。

以下、記述例です。

namespace属性がマッパーXMLファイルに指定されていると思われるので、refidはnamespece.refidとします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA