phpのcomposerを使ってパッケージインストールする

phpのcomposerを使ってパッケージインストールする

各言語にパッケージ管理ツールがありますが、phpではcomposerというパッケージ管理ツールがあります。

プロジェクト作成から依存ライブラリのインストールなどができます。npmと似ているので、node.js経験者ならとっつきやすいかと思います。

プロジェクト作成

プロジェクト作成するには

とします。-qとすると、標準出力が一切ないままプロジェクト作成ができます。

直下にcomposer.jsonファイルが作成されます。このファイルは、package.jsonと同じようなものです。

phalcon/devtoolsを--devでインストールします。ここでは、phalcon/devtoolsをインストールしてみます。

インストールが完了したら、composer.lockファイルが作成されます。

また、composer.jsonが以下のようになっていると思います。

{
"require": {},
"require-dev": {
"phalcon/devtools": "^4.0"
}
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

--devを除くと、requierに依存関係が追加されます。

このあたりは、npm installとよく似ています。installがrequireになったような感じです。

npmプロジェクトの場合はnode_modulesフォルダが作成されたと思いますが、composerではvendorフォルダが作成されます。

このようにphalconのコマンドが実行できます。

グローバルインストール

composerにもグローバルインストールがあります。composer global require xxとします。

アンインストールするにはcomposer global remove xxとします。

グローバルインストール一覧

グローバルインストールされているパッケージ一覧の確認は

とします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA