S3コマンドチートシート

S3コマンドチートシート

S3コマンドのチートシートです。

rm

aws s3 rm ファイル名でファイルを削除することができます。

cp

異なるバケットに再帰的にコピーします。

--dryrun

コピーされるファイルを確認したい場合などには、--dryrunオプションをつけて確認をします。

画像アップロード

s3コマンドで画像アップロードする際はコンテンツタイプを指定しておいた方が無難です。コンテンツタイプが画像と異なる場合、ブラウザからアクセスすると画像が表示されずにダウンロードされてしまいます。

コンテンツタイプを指定するに--content-type "image/jpeg"などを指定します。

S3ファイルを標準出力(Linux)

cpコマンドでコピー先に、シェルのハイフンを指定すれば、S3に配置しているファイル内容を標準出力することができます。

さらにjqに渡して整形することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA