Springで共通jspをweb.xmlで定義する

Springで共通jspをweb.xmlで定義する

JSPのヘッダ部分はtaglibなどで煩雑になります。

これを共通jspとしてheader.jspというファイルを作成します。(views/common/header.jsp)

<共通jsp>

このファイルをweb.xmlに定義します。

これで全ての.jspファイルの先頭にinclude.jspが勝手にインクルードされるようになります。

共通のフッターを定義したい場合は同様に<include-code></include-code>タグ内にjspを指定します。

Springで共通jspをweb.xmlで定義する

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA