Spring Bootでデプロイ時に組み込みTomcatを除外する方法

Spring Bootでデプロイ時に組み込みTomcatを除外する方法

Spring Bootで組み込みTomcatがあるのでわざわざTomcatをインストールせずに簡単に開発が可能です。

ただしWARファイルとしてデプロイして、サーバ上のTomcatにこの組み込みTomcatは不要となります。

具体的にはtomcat-embedで始まる3つのjarファイルが不要です。

このtomcatのjarファイルを開発時は利用したいけど、WARファイル作成時は除外したい場合はbuild.gradleを以下のように記述します。

これで例えばEC2上のTomcatにwarファイルをデプロイすることが可能になります。

詳しくは「Spring Boot + Gradleでwarファイルを作成する方法」を参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA