Spring BootでServletWebServerFactory,TomcatServletWebServerFactoryクラスを使って組み込みTomcatの設定をクラスに記述する

Spring BootでServletWebServerFactory,TomcatServletWebServerFactoryクラスを使って組み込みTomcatの設定をクラスに記述する

Spring Bootではapplication.ymlで組み込みTomcatのポート変更やコンテキストルート変更をすることができます。

これを@Configurationアノテーションを使用してクラスで設定してみます。

設定
コンテキストルート /api/v2
ポート 8085

ただし、application.ymlにも記述した場合は、ymlの設定が優先されるようです。

application.ymlでコンテキストルートを指定する例です。

これで、http://localhost:8080/api/v1/リソース~となります。

jarファイルではなく別のTomcatにwarファイルとしてデプロイする場合はこのクラスで設定するかTomcat側のweb.xmlなどの設定ファイルを触る必要があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA