Spring Bootのbuild.gradleのタスクでSpotBugsレポート出力する方法

Spring Bootのbuild.gradleのタスクでSpotBugsレポート出力する方法

GradleタスクでSpotBugsのレポートをHTML形式で出力したい。

後述する参考サイトに従ってbuild.gradleに追記していきます。

build.gradle

build.gradleに記述しているディレクトリは以下の場所になります。

変数
$project.buildDir C:\workspace\gradle-proj\build

これでGradleタスクのbuildを実行すれば、spotbugsMain,spotbugsTestが実行されることが確認できます。

レポートは、build\reports配下にmain.html,test.htmlが出力されます。

参考サイト

https://spotbugs.readthedocs.io/ja/latest/migration.html

SpotBugsのプラグイン(fb-contrib)を使う

レポート出力する際にfb-contribを使ってレポート出力します。

dependenciesに3行追加します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA