Spring Bootの@RepositoryRestResourceアノテーションでCRUDを自動生成する方法

Spring Bootの@RepositoryRestResourceアノテーションでCRUDを自動生成する方法

@RepositoryRestResourceアノテーションをリポジトリインタフェースに付与し、POJOに紐づけると自動でCRUDが自動生成されます。

HTTPメソッド 処理
GET 全件取得
POST 登録
GET 1件取得
PUT マージ
DELETE 削除
PATCH 更新

Restリポジトリを依存関係に追加します。

build.gradle

Employeeというエンティティを作成します。

Employeeのリポジトリを作成し、インタフェースに@RepositoryRestResourceアノテーションを付与します。

これで上記のHTTPメソッドに対応するREST APIが自動生成されます。Swagger UIから確認できます。

Spring Bootの@RepositoryRestResourceアノテーションでCRUDを自動生成する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA