Spring BootのRestControllerでJSONを引数で渡す方法

Spring BootのRestControllerでJSONを引数で渡す方法

REST APIにREST形式でString型やInteger型を渡すことができますが、JSON形式のデータを渡すことも可能です。

RequestMappingにconsumes = MediaType.APPLICATION_JSON_VALUEを追加します。(Spring3.1から追加されています)

consumesを指定することによってこのメソッドが受け取るHTTPヘッダのContent-Typeを制限します。

ARCでJSON形式のパラメータを渡すテストをすることができます。

「Body」-「application/json」でJSON形式のデータを入力すればテストが可能です。

Spring BootのRestControllerでJSONを引数で渡す方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA