Spring BootをGradleで作成する方法

Spring BootをGradleで作成する方法

STSのSpringスタータープロジェクトが昔と違ってかなり進化しているので、Gradleで簡単なRest API(REpresentational State Transfer)を作ってみます。

Spring BootをGradleで作成する方法

「次へ」をクリックします。

Spring BootをGradleで作成する方法

「完了」を選択すると、jp.co.confrageパッケージにSts2Application.javaが作成されています。中身は以下の通りです。

次にRestControllerを作成します。HTMLを返す場合は@Controllerですが、文字を返すだけなので@RestControllerにしています。

これでプロジェクトを右クリックし、「実行」-「Spring Boot アプリケーション」を選択して、http://localhost:8080/にアクセスすれば、文字が表示されます。

Spring BootをGradleで作成する方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA