Spring Frameworkバージョンアップ(Spring boot)

Spring Frameworkバージョンアップ(Spring boot)

https://www.jpcert.or.jp/newsflash/2022040101.html

JPCERTでSpring Frameworkの脆弱性が見つかったのでバージョンアップしました。

対象

  • Spring Framework 5.3.0から5.3.17
  • Spring Framework 5.2.0から5.2.19

条件

  • JDK 9以上を使用している
  • Apache Tomcatをサーブレットコンテナーとして使用している
  • WAR形式でデプロイされている
  • プログラムがspring-webmvcあるいはspring-webfluxに依存している

対策

  • Spring Framework 5.3.18およびそれ以降にバージョンアップ
  • Spring Framework 5.2.20およびそれ以降にバージョンアップ

バージョンアップ

Spring bootとSpring Frameworkの対応表がありました。※パッチバージョンの記載はないようです。

https://qiita.com/gate9/items/7351557829d7e1e668e9

Spring boot Spring Framework
2.6.6 5.3.18
2.5.12 5.3.18
2.4.13 5.3.13
2.3.12.RELEASE 5.2.15.RELEASE
2.2.5.RELEASE 5.2.4.RELEASE

build.gradleのSpring bootのバージョンを変更して「Gradle Projectのリフレッシュ」を行います。

EclipseでSpring Frameworkバージョン確認方法

Gradleプロジェクトで、「プロジェクトと外部の依存関係」が表示されるので、その中にあるspring-aop、spring-beans、spring-coreなどはみなSpring Frameworkのjarです。
そのjarの右横に記載されているのがバージョンです。

※GradleWrapperが古い場合エラーとなる場合があるので、Wrapperのバージョンアップも必要なケースがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA