Spring + MyBatisの@Deleteアノテーションの使い方

Spring + MyBatisの@Deleteアノテーションの使い方

前提

Employeeテーブルのレコードは以下の通りとします。

ID NAME AGE
1 takahashi 20

Spring スタータープロジェクトで選択する依存関係は以下の通りとします。

Spring + MyBatisの@Selectアノテーションの使い方

@Mapperアノテーションを付与したインタフェースのメソッドに、@Deleteアノテーションを付与します。

@DeleteアノテーションにはSQL文を記述します。

従業員を表すPOJOです。

従業員テーブルを操作するマッパーインタフェースです。

@Mapperアノテーションを付与することで、DIが可能になります。

REST Controllerです。

Spring Bootアプリケーションを起動し、curlコマンドを実行します。

以下が標準出力されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA