SpringMVCで独自Validationチェックをする方法

SpringMVCで独自Validationチェックをする方法

SpringMVCで独自Validationチェックを作成します。

独自のバリデーターを作成するには、アノテーションクラスとバリデート(実装)クラスの2つを作成する必要があります。

まず、アノテーションクラスを作成します。

メッセージ以外は基本的にこの形で記述するものと覚えてよいです。NumberValidatorクラスは実際のバリデートするクラスで、このあと作成します。以下、NumberValidatorクラスです。

アクションフォームに以下のようにアノテーションを追加します。

これで独自バリデータが動作します。

SpringMVCで独自Validationチェックをする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA