SpringMVCの@Componentと@Repositoryと@Serviceと@Controllerの違い

SpringMVCの@Componentと@Repositoryと@Serviceと@Controllerの違い

正直どれでもよい。と思う。一般的にはリクエストをコントロールするクラスには@Controllerアノテーションをつけます。

SpringMVCのWebアプリでは@Controllerアノテーションはよく見ると思います。

@Serviceアノテーションはトランザクションのコミット単位の処理につけます。でも@Componentだったら駄目ということではありません。

@RepositoryはDBアクセス関連のクラスにつけます。

上記以外のものは@Componentを使用しておく、と言った考えでよいような気がします。

どのアノテーションを使用してもコンポーネントスキャンの対称なので@Autowiredアノテーションを付加した変数にDIしてくれます。

違ったらご指摘下さい。^^;

SpringMVCの@Componentと@Repositoryと@Serviceと@Controllerの違い

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA