SpringMVCのweb.xmlファイルで読み込んでいるappServlet-servlet.xmlも肥大化してしまう

SpringMVCのweb.xmlファイルで読み込んでいるappServlet-servlet.xmlも肥大化してしまう

SpringMVCはマッピングをアノテーションで実現することによって、Strutsのようにstruts-config.xmlの肥大化問題を防ぐ、という便利なフレームワークです。

でも結局のところマッピングをアノテーションでしただけで、web.xmlで読み込んでいるappServlet-servlet.xml(デフォルト名)もシステムが大きくなるにつれてやはり肥大化してしまいます。

ということで結局のところ、appServlet-servlet.xmlも分割したりします。

appServlet-servlet.xml内に

というように記述することによって分割することができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA