STS(Eclipse)でJUnit5用のbuild.gradle設定方法

STS(Eclipse)でJUnit5用のbuild.gradle設定方法

SpringBoot2.2でJUnit5がデフォルトになりました。

build.gradleのデフォルトは以下のようになっています。

dependencies {
implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter'
testImplementation('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test') {
exclude group: 'org.junit.vintage', module: 'junit-vintage-engine'
}
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

JUnit5.6を使う場合は以下の2行を追加します。

dependencies {
implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter'
testImplementation('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test') {
exclude group: 'org.junit.vintage', module: 'junit-vintage-engine'
}
testImplementation('org.junit.jupiter:junit-jupiter-api:5.6.0')
testRuntimeOnly('org.junit.jupiter:junit-jupiter-engine:5.6.0')
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

junit-platform-gradle-pluginが廃止

以下サイトに記載がある通り、junit-platform-gradle-pluginが廃止になりました。

testタスクにuseJUnitPlatform()を宣言すればよいだけのようです。

https://junit.org/junit5/docs/current/user-guide/#running-tests-build-gradle

test {
useJUnitPlatform()
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

その他詳細なtestタスクのプロパティが以下に記載されています。

https://docs.gradle.org/current/userguide/java_testing.html#java_testing

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA