SVNコマンドチートシート

SVNコマンドチートシート

svn copy

SVNのコマンドでtrunkをbranchにコピーするcopyコマンドについてです。

copyコマンドは別のリポジトリにコピーすることはできませんが、同じリポジトリのtrunkからbranchへコピーする、といったことはできて便利です。

svn delete

deleteコマンドでディレクトリを削除します。

hogeディレクトリを削除します。hogeディレクトリ配下にファイルなどあればそれも含めて削除されます。

svn rm

rmコマンドはdelete,delの別名です。不要になったbranchを削除する場合によく使います。

svn mkdir

リポジトリにディレクトリを作成します。

-mオプションでメッセージ指定が必要です。

test1というディレクトリを作成します。

svn import

svn importで指定したディレクトリ配下をインポートすることができます。

クライアントのカレントディレクトリ配下を指定したSVNリポジトリにインポートします。

.(ドット)でカレントディレクトリとなります。import時にフォルダが存在しない場合は自動で作成されます。上記でいうreport1フォルダはなければ勝手に作成してくれます。

カレントディレクトリ配下のすべてのファイルをsvnリポジトリ先にインポートしてくれます。

「svn: E175015: The HTTP method ‘MKCOL’ is not allowed on」エラー

svn importコマンドを実行すると「svn: E175015: The HTTP method ‘MKCOL’ is not allowed on」エラーが発生する場合があります。

これは既にリポジトリにファイルが存在する場合に発生するエラーです。

TortoiseSVNでtagsを切ってみる

今度はTortoiseSVNでtagsを切ってみます。

「ブランチ/タグの作成」を選択します。

「宛先パス」に「tags/v1」などと切ります。これで「OK」を押します。

すると現在のtrunkがtags/v1配下にコピーされます。

「OK」を押します。次にtagsフォルダを右クリックして、「SVN更新」を押します。

これで最新が取得され、終了です。

svn list

svn list URLで一覧表示することができます。

svn list --verbose https://example.com/svn/hoge/で詳細を表示することができます。

svn revert

svn revertコマンドで、未だコミットしていないローカルファイルの変更を取り消します。

svn export

svn exportコマンドで、svnリポジトリからエクスポートします。

–forceをつけると同じファイル名が存在した場合に上書きします。上記ではエクスポート先はc:\tmp配下です。

指定したリビジョンに変更する場合、svn upコマンドを使用します。

最新リビジョンが22とします。

これでリビジョンが21になります。

最新に戻すにはsvn upとします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA