Swiftでボタン配置する方法

Swiftでボタン配置する方法ですが、Main.storyboardでボタンをグラフィカルに設置します。

右下に「Button」がありますが、ドラッグ&ドロップしてView上に配置しました。

Title欄の下にボタン名を入力する欄があるので、そこで変更できます。

以下、実行例です。

ボタンのイベントを実装する

スマホならではのタッチイベントを実装してみます。

ボタンオブジェクトの上で右クリックをします。色々なイベントが出てきます。

「TouchDown」の[+]アイコンからViewControl.swiftのコードウィンドウにドラッグします。

「Insert Action」と表示されたらドロップします。メソッド作成画面が表示されます。

ここでは適当に、「TouchDown」として、「Connect」を押します。

以下のソースコードが自動的に挿入されます。

このソース内にアラートを表示する実装を入れてみます。

これでタッチするとアラートが表示されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA