TypeScriptのシャドーイングは本当にDouble-edged sword

TypeScriptのシャドーイングは本当にDouble-edged sword

TypeScriptではネストされたスコープで変数宣言するシャドーイングという機能?があるようで、偶発的なバグを防いでくれるんだそうです。

が、これはハンドブックにも書かれている通りDouble-edged sword(諸刃の剣)です。変数が正しく加算されるようですが、そもそもどのように動作すれば正しいのか。。

トランスパイルすると内側の変数名がi_1に変わっているのです。

ということである種のバグを防ぐものの、別のバグを生みそうです。

ネストしたfor文のインクリメント変数はあえて別名にしておく方が無難な気がします。

TypeScriptのシャドーイングは本当にDouble-edged sword

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA