UIKit3の使い方

UIKit3の使い方

UIKitというデザインフレームワークがあるのでご紹介です。

項目 バージョン
npm 6.13.4

npmはインストール済みとします。

これでモジュールのインストールはOKです。

フォルダ構成は以下になります。

index.jsとwebpack.config.jsは以下ファイルのように記述します。

index.js

webpack.config.js

ダウンロードするとindex.json、webpack.config.jsonとなっているので、jsにリネームしてください。

Webpackでトランスパイル

ブラウザが解釈できるようにトランスパイルします。

Windows環境の場合は、

.\node_modules.bin\webpack

コマンドでバンドルします。dist\bundle.jsファイルが生成されます。

https://getuikit.com/docs/introduction

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA