VBAで#N/Aかどうか判断する方法

VBAで#N/Aかどうか判断する方法

VBAで#N/Aかどうか判断する方法です。

IsErrorと言うのを使うと判断することができます。

以下、Trueとなる例です。

以下は、#N/A出ない場合の記述方法です。

上記はFalseで判断していますが、If Notを使用しても構いません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA