VBAの配列とArray関数の使い方

VBAの配列とArray関数の使い方についてまとめてみます。

まず配列の宣言方法です。

VBAでの配列の基底値は0ですが、他の言語と違って0,1,2,3と4つインデックスを持つ配列になります。

以下、例です。

結果は以下のようになります。

配列はVariant型で定義します。以下のように定義することも可能です。

上記のように宣言した場合は配列のインデックスは1,2,3になります。

次にArray関数ですが、使い方は以下のように記述します。

このようにArray関数を使えば配列に一度で要素を初期化することができるので、非常に便利です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA