VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

求人
VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

Oracle VM Serverをインストールする時の備忘録です。英語のサイトを読み漁って少し悩んでしまいましたが、どうにかOracle VM ManagerからOracle VM Serverを検出するところまでは完了しました。

項目 バージョン
Oracle VM Server 3.2.4
Oracle VM Manager 3.2.4

VirutualBox用のovaファイルがこちらに用意されているのでダウンロードします。

参考サイトです。

Oracle VM Serverをインストールするときは通常Oracle VM Agentのパスワードやrootのパスワードを入力しますが、ovaファイルなので何も出てきませんでした。

デフォルトで設定されているようですが、わかりませんでした。参考サイトをもとに以下がわかりました。

項目 id password
root root ovsroot
Oracle VM Agent ovsroot

Oracle VM ServerとOracle VM ManagerをホストOSと同一セグメントのIPアドレス体系にしたい場合は、VirutualBoxのネットワーク設定を「ブリッジアダプター」にします。

また、プロミスキャスモードを「すべて許可」にします。

VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

自社のポートベースVLAN環境で試したのでVLANの設定はしていません。タグVLANの場合はVLAN IDなどの設定が必要なようです。以下、Oracle VM Serverでifconfigした結果です。

VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

本題のOracle VM Serverインストール方法なのですが、ovaファイルなので、VirutualBoxの「ファイル」-「仮想アプライアンスのインストール」で完了です。

あとは、「Oracle VM Server 3.2.4-b525」が表示されたらダブルクリックして設定していきます。設定はIPアドレスやDNS、デフォルトゲートウェイなどだけです。

Oracle VM Agentについて

Oracle VM Agentは、Oracle VM ManagerがOracle VM Serverを検出するときに必要な機能です。

Oracle VM Agentが起動しているかどうか調べるには

とタイプします。

6行ほど、「~ is running…」と表示されれば正常に起動しています。

デフォルトポートは8899です。変更しないほうが良いと思いますが、設定ファイルは「/etc/ovs-agent/agent.ini」にあります。変更した場合は、

としてリスタートしたほうが良いと思われます。

ovs-agentコマンドのログは「/var/log/ovs-agent.log」に出力されます。この出力先もagent.iniで指定されています。

Oracle VM Managerをインストールする

Oracle VM Managerは、Oracle VM Serverを管理します。Oracle Linux上にインストールする必要がありますが、面倒なのですでに構築されているovaファイルからVirutualBox上に構築します。

インストールが完了すると、以下のような画面が表示されます。

VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

まずこの「READ ME FIRST」を読むべきです。色々なパスワードなどが記載されています。

例えば、Oracle VM Managerの管理コンソールは、「https://localhost:7002/ovm/console/」ですし、ovmユーザのパスワードは「Welcome1」です。

では管理コンソールを開きます。デスクトップ上の「Oracle VM Manager Login」アイコンをダブルクリックします。

管理コンソールが開きますので、「admin」「Welcome1」でログインします。

VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

「Login」をクリックします。すると管理画面が表示されます。

この管理画面の「Servers and VMs」タブで「Discover Servers」をクリックします。(一番左のアイコンです)

VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

「OK」をクリックすると、「Unassigned Servers」配下にOracle VM Serverが検出されているのがわかります。

VirutualBox上でOracle VM Serverをインストールする

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA