VSCodeでJava開発をする方法

VSCodeでJava開発をする方法

VSCodeはもはや何でもできます。Javaも開発できますし、Visual Studio IntelliCodeがJavaに対応したので、Javaのコーディングをサポートしてくれます。これはEclipseやSTSにはない素晴らしい機能です。

プラグインを入れる

VSCodeでJavaを開発するにあたりプラグインを入れなくてはいけません。とりあえず以下はマストです。

  • Java Extension Pack(パックだから色々入っています)
  • Visual Studio IntelliCode

JDK_HOME,JAVA_HOME,java.homeの設定をする

VSCodeにはjava.home(※現在はjava.jdt.ls.java.home)というのがあって、その設定をします。settings.jsonを開き以下を設定します。(%APPDATA%\Code\User\settings.json)

//"java.home": "C:\\java11" 
"java.jdt.ls.java.home": "C:\\java11"

そしてもしまだであれば、Windowsのシステム環境変数でJDK_HOME,JAVA_HOMEの設定をしておきます。(しなくても良いかも)

こんな感じで実行かデバッグができるようになります。

VSCodeでJava開発をする方法

日本語が文字化けする

RunでもDebugでも実行すると日本語の標準出力は文字化けしてしまいます。

これも「ファイル」-「基本設定」-「設定」から以下を修正します。

"java.jdt.ls.vmargs": "-noverify -Xmx1G -XX:+UseG1GC -XX:+UseStringDeduplication"
↓
"java.jdt.ls.vmargs": "-noverify -Dfile.encoding=utf8 -Xmx1G -XX:+UseG1GC -XX:+UseStringDeduplication"

「-Dfile.encoding=utf8」を追加するだけです。※もしくはShift-JIS

これでターミナルやデバッグコンソールで出力する日本語のも文字化けせずに出力されるようになります。

ショートカットキー

Eclispe開発時のショートカットキーと同様のショートカットキーが用意されています。

VSCodeでJava開発する際のショートカットキー一覧」参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました