VSCodeでlaunch.jsonを作成してデバッグする

求人
VSCodeでlaunch.jsonを作成してデバッグする

VSCodeでデバッグするにはプラグインなどを入れたりする必要がありますが、まず最初にlaunch.jsonを作成します。

「デバッグ」-「構成を開く」で以下ファイルが作成されます。

typeはnodeになっていますが、chromeに変更すると、Chromeが起動します。

AngularをChrome for Debuggerでデバッグする

まずはAngularをChromeでデバッグする方法です。以下のように記述します。Angularのポートはデフォルトの4200とします。

${workspaceRoot}は、VisualStudioCodeで開いたフォルダのパスになります。

以下はその他の置換変数です。

置換変数 説明
${workspaceRoot} VisualStudioCodeで開いたフォルダのパス
${file} 現在アクティブなファイル
${fileBasename} 現在アクティブなファイルのベース名
${fileDirname} 現在アクティブなファイルのディレクトリ名
${fileExtname} 現在アクティブなファイルの拡張子
${CWD} 起動時にタスクランナーの現在の作業ディレクトリ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA