VSCodeのREST ClinetプラグインでRESTのテストをする方法

VSCodeのREST ClinetプラグインでRESTのテストをする方法

RESTのテストはよくPOSTMANで実施していましたが、VSCodeのREST Clientプラグインも便利です。

VSCodeのREST ClinetプラグインでRESTのテストをする方法

curlコマンドをエディターで実行してくれます。

ファイルにURLを貼り付けるだけで、ファイルの拡張子はhttpとします。

VSCodeのREST ClinetプラグインでRESTのテストをする方法

GETかPOSTを指定してからURLを指定します。HTTP1.1を指定します。

URLの上にSend Requestと表示されるのでクリックするとAPIが実行されます。

POSTMANと同等のことがVSCodeでできてしまいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA