WSLをVSCodeで使う

Windows Subsystem for LinuxをVSCodeで使いたかったので、使い方を記載します。

環境

項目 バージョン
windows 10
Ubuntu 16.04.5 LTS
VSCode 1.25.1

WSL導入

Windows Subsystem for Linuxを有効化

「コントロールパネル -> プログラムと機能 -> Windowsの機能の有効化または無効化 -> Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れる。

Linuxのインストール

Microsoft StoreでLinuxを検索して、Linuxをインストール。
私は、ubuntuを利用しています。

「スタート」にインストールしたLinuxが表示されるので起動します。
ubuntuの場合、初回にユーザ名とパスワードを求められるので任意で入力してください。
あとは、パッケージの更新はした方がいいのかな。

VSCodeのターミナル設定

VSCodeでコマンドパレット(F1)を表示してshellを入力します。
表示された候補から、「ターミナル:規定のシェルの選択」を選択し、「WSL Bash」を選択してください。
これで、WSLのbashがVSCodeのターミナルで利用できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA