wslコマンドチートシート

wslコマンドチートシート

一覧表示

ディストリビューションの一覧を表示します。

インストール可能なディストリビューション一覧表示

インストール可能なディストリビューションを一覧表示します。

ディストリビューションインストール

ディストリビューションをインストールします。Debianインストールしてみます。

ディストリビューションアンインストール

ディストリビューションをアンインストールします。--unregisterオプションを使用します。

defaultのディストリビューション変更

defaultのディストリビューションを変更します。-s ディストリビューション名を使用します。

WSL2を実行するには、カーネルコンポーネントの更新が必要です。

このメッセージが表示された場合はカーネルアップデートが必要です。

このメッセージが出た場合は、https://aka.ms/wsl2kernelからmsiファイルをダウンロードしてインストールする必要があります。

ディストリビューションのバージョンを2に変更

ディストリビューションのバージョンを2に変更します。

ディストリビューションのデフォルトバージョンを変更

ディストリビューションのバージョンを変更します。これで、ディストリビューションインストールするとデフォルトで2になります。

ディストリビューション起動

--distributionオプションでィストリビューションを起動します。長いので-dでもOKです。

wslとタイプすると、defaultのディストリビューションが起動します。

ディストリビューション停止

--terminateオプションでディストリビューションを停止します。-tでもOKです。

全てのディストリビューション停止

--shutdownオプションで全てのディストリビューションを停止します。ディストリビューション名は指定しません。

import,export

--exportオプション、--importオプションとでディストリビューションのエクスポートとインポートができます。エクスポートして、他端末でインポートするといったことが可能になります。

以下、importです。

引数 意味
第1引数 ディストリビューション名
第2引数 展開したフォルダ名
第3引数 importするtarファイル

wslコマンドチートシート

参考サイト

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-manual#step-4—download-the-linux-kernel-update-package

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA