WSL環境(Ubuntu)でnvm使ってnodeのバージョンを管理する時ハマったのでメモ

WSL環境(Ubuntu)でnvm使ってnodeのバージョンを管理する時ハマったのでメモ

WSL環境(Ubuntu)でnvmをインストールしてnodeのバージョンをv16.14.0(nvm useコマンド)に変更していたが、exitしたらdefaultのバージョンに戻っていた。。

nvm use使わずにdefaultを変更する

WSL環境を起動したタイミングではバージョンがdefaultに戻っています。

その為、nvm useを使わずにnvm aliasコマンドを使用します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA