ファイルやディレクトリの存在チェックをするtestコマンドの使い方

ファイルやディレクトリの存在チェックをするtestコマンドの使い方

ファイルの存在チェックをするのにtest -eコマンドで確認することができます。&&でつなぐことにより、ファイルが存在する場合だけコマンドを実行する、と言ったことが可能になります。

ディレクトリの存在チェックはtest -dコマンドで行います。

その他にもシンボリックリンクの確認や空ファイルのチェックができるようです。

参考サイト

https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/1807/05/news041.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA